コンテンツへスキップ

若い時18歳で買った車で苦労しました。新車を250万で購入、毎月4万4千円とボーナス10万払いの5年ローンでした。当時、努めていた会社THK株式会社の給料が夜勤をやって17万、昼勤のみですと8万とホントに少なかったです。1990年代前半バブルの煽りをまともに受け会社は仕事がなく、昼勤のみになってしまいました。月給8万円ではとてもやっていけなかったです。

21歳の時に転職しました。さすがに月給8万円ではローン払ってガソリン代、飯代であっという間に消えてしまいます。友人の紹介で安定したガス会社に就職しました。手取りが22万ほどあったのでかなり楽になりました。それと当時に親父が定年退職したので残り2年あった車のローンも一括退職金で払ってくれました。もちろんそのお金は毎月、親に返しました。あまり親の脛をかじるのは良くないと思いましたが、自分としては苦肉の策でした。

やはり何でもかんでも無計画で高い車を買うのは危険です。乗っている車に飽きた時に残りのローンを考えるとゲンナリします。必ず、身の丈にあった購入計画を立てるべきです。